ヘルニア

高麗人参の飲みやすい飲み方

みなさんは高麗人参がどのような形状かご存知でしょうか。
初めて高麗人参を見られた方は、一様に同じことを口にします。
それは、人参には見えないという事です。
人参という名称は付いていますが、形は人参に類似しているとは言え、色は大きく異なっておりどちらかと言えばごぼうに近い形状をしています。
植物であり、根の部分を煎じて健康製品に応用されているのですが、赤い人参と比べると料理に多様が出来るような味わいではありません。
どちらかと言えば飲みにくさも感じる成分なのですが、近年では味を感じずに飲むことができる方法が提案されています。
漢方薬のように粉に煎じてあるものを、そのままダイレクトに飲むのは味に苦みを感じやすいのですが、次のような3つの方法ですと苦みを感じにくいのです。
味が苦手な方は次の方法で是非試してみてください。

まず1つ目は「ハチミツ」です。
紅茶などに入れて飲む際に少量でもいいので角砂糖などの甘味料の代わりにハチミツを混ぜるのが効果的です。
柔らかな甘みは独特の苦みを調和してくれるので、きっと満足のいく味わいになるでしょう。
紅茶独特の渋みも高麗人参の苦みを調和してくれるので、甘味料は好まないという方はそのまま紅茶にダイレクトに入れてみても良いでしょう。

2つ目は清涼飲料水に混ぜ合わせる方法です。
医薬品の中でも苦みがきついものは、清涼飲料水と混ぜることで苦みが調和すると言われています。
これは清涼飲料水の中に含まれるクエン酸が苦みを抑えてくれるためです。
そのため、クエン酸の豊富なレモンなども苦み消しに最適と言われています。
もしお手元にスポーツドリンクなどがあれば、和せて飲んでみてはいかがでしょうか。

最後に3つ目はアルコールです。
高麗人参の有名な特産品の中にはこの植物を直接アルコールに漬け込んだお酒が存在します。
アルコールの芳醇な香りが苦みを上手に消し去ってくれているのと、薬膳酒としての味わい深さにつながっています。
アルコール度数が強いものが多いので、アルコールが苦手な方は残念なのですが、少量でも薬膳として楽しむのも良いでしょう。